ABOUT PLAY TARO

“命がけで真剣に遊ぶ”


この「PLAY TARO」というサイト名は「太郎と遊ぶ、太郎で遊ぶ」という意味は勿論のこと、
「太郎を再生させる」という思いも込めて命名いたしました。

現在では美術館や記念館だけでなく、さまざまな切り口の岡本太郎展が各地で開催されたり、
太郎の言葉も多く出版されて、大きく取り上げられることもあります。
しかしまだまだ未発表の作品や文章など、太郎が残してきたものは数多く存在するのです。
そんな“極めてレア”な太郎の作品や文章、言葉などを公開することで、
再び“今を生きる人たちを触発する”それが当サイトの1つの目的です。

もう1つの目的は先にも書きましたように太郎に再び触発された今を生きる人たちに
“太郎と真剣に遊んで欲しい”ということです。
そこですでに“太郎で遊んでいる”“太郎と遊んでいる”と
私たちが思うクリエイターやタレントなどの、著名な方々のインタビューを掲載したり、
太郎の作品をまったく新しい切り口でレポート
(たとえば子供たちに太郎の作品を鑑賞してもらうなど)をして、
岡本太郎と“命がけで真剣に遊ぶ”とはどういうことなのかを伝えていきたいと考えています。
そしてその結果、この「PLAY TARO」というサイトこそが最新の岡本太郎の作品となる。
そんなクリエイティブなアートニュースサイトを目指します。

ぜひあなたも岡本太郎と遊びに来てください。


Presented by
Taro Okamoto Memorial Foundation.

Produced by
morr co.,ltd
yoshidamasaki inc.

PLAY TARO MEMBER

Producer and ArtDirector
Tetsushi Nosaka

Executive Producer Akiomi Hirano
Writer and Curator Rui Tsubota
Technical Director Shoken Fujisaki
Front-End Engineer:
Julianna / Megumi Hano
Designer Tomomi Iwai
Movie Director Kota Watarai
PLAY TARO製作委員会
info@playtaro.com