Collections

「太郎と遊べ、太郎で遊べ」

5bf1ada0-ec87-4a77-cad9-bbe334f61d04

taro_R



『PLAY TARO』というサイト名は「太郎と遊ぶ、太郎で遊ぶ」という意味でつけられました。

でも「岡本太郎と遊ぶ」って、いったいどういうことでしょう?

そこですこしでも太郎の思う「遊び」が理解できればと思い、
過去の太郎発言から「遊ぶ」「遊び」というキーワードを含んだ言葉を探し、
いくつかピックアップしてみました。

「お遊び」では駄目なのだ。
全生命、全存在を賭けて、真剣に、猛烈に遊ぶのでなければ、生命は燃えあがらない。
いのちがけの「あそび」と、甘えた「お遊び」とは、まったく違うのである。出典 『自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか(青春文庫)

「遊び」ってもっとゆるいものだと思ってました。
「遊ぶ」のにも「全生命」を賭けなければダメなんですね。

中途半端な「遊び」は「遊び」じゃないんです。
(だったらそれは何なのか聞いてみたかった気もします)
何をするにも、生命を燃え上がらせ続けた太郎ならではの言葉ですね。

空間とは生活だと私は言った。
同時に、生活とは遊びである。
遊びという無責任だったり、いい加減だと考えがちだが、それは間違いだ。
むしろ、言葉をかえて言うなら、徹底的な自由とでも言うべきだろう。
とかく一般の人々は遊ぶことが苦手のようだ。
ものごとを自分一人で自由に考えることができない。
型にはまってしまう。出典 『ドキドキしちゃう―岡本太郎の“書” (小学館)

「生活」は「遊び」でしかも「徹底的な自由」ですって!
もしかしたら私は「生活」していないのかも・・・

そんなことを考えてしまうほど、
がんじがらめな毎日を送っているような気がします。

まずは「ものごとを自分一人で自由に考える」
むずかしいけど、そこからはじめてみようかな。

ナチによるゲルニカの無差別爆撃というものがモチーフになっているが、
そういうものへの憤りが、絵を描いているうちに昇華され、
芸術表現による遊びが浮かび出てくる。
もちろんその遊びは言いようのない緊張感だ。
激しい怒りそのものが遊んでいるのだ。
(中略)
(ピカソは)怒りながら、瞬間に自分を見返している。
常に見返していなければ本当の芸術家ではない。
自分を失い、我を忘れた狂奔は怒りではない。
芸術ではない。
憤りというのは、今も言ったように、
セッパつまっているようでありながら実は遊んでいるのである。
憤りこそは最高の遊びだ。出典 『美の呪力(新潮文庫)

太郎は(我を忘れずに)怒るってことは「最高の遊び」なんだそうです。
こう考えられると、毎日が、人生が、すべてが「遊び」につながりますね。

こんなふうに自分を見返し(向き合い)人生を真剣に遊んでいられたら、
それはとっても素敵なことに違いありません。

『PLAY TARO』はそんなあなたがリアルタイムで岡本太郎と遊ぶ、
太郎と“ぶっつかる”メディアにしたいと思っています。
(“ぶっつかる”は太郎がよく使っていた言葉です)
さぁ、あなたはどうやって太郎と遊びますか?

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作