未分類

第1回 きたろう③

150304-095612_R

俳優・タレントのきたろうさんが語る、
岡本太郎への思いも第三回。


〈前回までは〉
きたろう①「太郎さんは神様的ですね。僕にとっては。生きる指針です」
きたろう②「性でも自分からガンガン『全身全霊』でいく」


今回は「理解できない太郎」について
語っていただきます!

「僕もね、太郎を意識した絵を描いてみたりしたんです。」

「講演(の音源)でね、
『電車に乗るのに切符を買うのは卑しい行為だ』
って言ってるんです。

お金を嫌ってるんですよね。

お金を出して切符を買って、
それで電車に乗る。

その行為が、
耐えられないくらい卑しいと。

どこにでも歩いて行きたいのか、
どうなのか・・・

切符を買う行為が卑しい行為っていうのは、
理解できなかったですね。

お金で何かを買うっていうことが、
違うってことなんですよね。

もっと原始的な、
それこそ縄文時代の、
原始的な生き方をしろってことなのかな。

米を作りはじめてから人間はダメになった。
っていうのが持論なんですから。

獣を追っかけて、
狩猟するのが人間だって。

そんな考え方を持てる人は幸せだって、
本当にそう思います。

岡本太郎の、
そこの思い込みは凄いですよね。

理解できない部分もあるんですけど、
彼は貫き通したわけです。

 

だからね、
本当に全身全霊で生きて、

一生懸命に生きていれば、
絶対に負けないっていうね、

その意思を感じるので、
そこはいつも学んでいるんです。

『俺は生きてるぜ!』って突きつける。

それはもう論理を超えてますよね。
論理じゃないんですよ。

そこをね、
すこしでも理解したくて、

僕もね、
太郎を意識した絵を描いてみたりしたんです。

最低な絵ですけどね。

何でも良いから、
曲線をね、こう『クルクルパー』って(笑)

アヴァンギャルドですよ。

どう見てもね、
素敵じゃない。

色合いも何もかも。

誰がみてもダメだってわかってるんですけど、
でも自分で評価をしちゃいけない。
やりたいことをやれば良いんだって。

太郎さんの教えに乗っ取って。

太郎さん的な曲線を、
『クルクルパー』って描くんです。

太郎さんの絵に、
ちょっとでも似るかなって(笑)

でもね、
どうにもこうにも作品じゃないんです。

だから、
大豆をね、
その『クルクルパー』の曲線に並べたりして。

もう捨てちゃいましたけど(笑)


人にね、
やっぱり影響させますよね。

自分も絵を描いていいんだって、
思わせますもんね。

僕が絵を描くなんて、
太郎の影響以外考えられないです。

前々回にも言いましたけど、
4歳、5歳の絵が凄いって言うのはね、
何も束縛がなく自由に描いてるからだと。

そこはね、
本当に難しいなって。

思い込めて描いてもね。

『クルクルパー』なんです(笑)

それ以降もね、
絵をね、描きたいとは思うんですけど、

女房が、
見るに堪えないからやめてくれって。

『みっともないからやめなさいって』
正しいんですよ。

意外とね、
僕より絵とか見るセンスはあるんで。

そこに勝たないといけないんですけど、
・・・勝てないですね。

評価がつらくて。
太郎さんのような人間にはなれない(笑)

あ、でも唯一、
ひまわりの絵は部屋に飾ってます。

ゴッホに影響受けて、
ひまわりを描いて。

でもあまりにも、
そのひまわりがひどいから、

その絵がね、
またカッコイイんですけど、

絵にね、
猫のステンドグラスをね、

ひまわりの絵の上に付けて、
それで1つの作品だって(笑)

あまりにも自分の絵が恥ずかしいから、
そういう形に変えたんです。


それは女房も怒られない。
だって自分の描いた絵を隠してるんですから。

いま言いながら思いましたけど、

女房の評価って、
「みっともないからやめなさい」

それを言われて、
そこでやり続ける力はないですよね(笑)

ま、俳優としてのぼくにとっては、
女房はしっかり敏子さんなんですけどね」

きたろうさんを支えているのはもやはりパートナー!

次回は最終回です。
『太郎と遊ぶ』についてお聞きします!

きたろう④

きたろう宣材_R

きたろう

1948年8月25日生まれ、千葉県出身。
1971年俳優座小劇場解散後、風間杜夫等と表現劇場結成。
1979年現メンバー大竹まこと、斉木しげると、
ラジカルで知的なコントユニット“シティボーイズ”を結成。
現在TV・映画・CM舞台等幅広く活躍中。

<次回公演>
シティボーイズ ファイナル part.1
「燃えるゴミ」
出演:大竹まこと・きたろう・斉木しげる
作・演出:前田司郎
2005年6月19日(金)~29日(月)(全12公演)
会場:東京グローブ座
チケット:4月11日(土)一般発売
お問合せ:ASH&D(03-5456-8130)
http://ash-d.info/

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作