未分類

第1回 きたろう④

20090806_waifu2x_photo_noise2_scale_waifu2x_photo_noise2_scale

「純粋にね、ベッドに入って、太郎さんに攻められて遊ぶ。」

俳優・タレントのきたろうさんに、
岡本太郎への思いを語っていただいてます。


〈前回までは〉
きたろう①「太郎さんは神様的ですね。僕にとっては。生きる指針です」
きたろう②「性でも自分からガンガン『全身全霊』でいく」

きたろう③「僕もね、太郎を意識した絵を描いてみたりしたんです。」

今回で最終回。
まずはきたろうさんの「忘れられない太郎の言葉」から…

「僕がね忘れられない太郎さんの言葉は、

やっぱり、
『太陽はカニだ』
ですかね。

繰り返しになりますけど、
印象に残ってるんです。

ざわざわと昇っていく・・・

fo

海辺じゃなくても、
赤い太陽は、
ざわざわとカニのように昇っていく。

その発想。

それじゃなかったら、
講演の(音源)、

『他人の評価を気にするな』

って言葉は僕の生きる指針ですかね。

それと、
『自分の評価も気にするな』ってところ。

子供はね、
自分のことなんて評価しないですもんね。


太郎さんの本質ですよね。

他人の評価を気にするのは、
あたりまえですけど、

『自分の評価も気にするな』っていうのは、
強い言葉ですよね。

自分が『良かった、これ最高にやったな!』
っていう感覚もダメなんですよね。
物を作るときに。

深いでしょ(笑)

そんな人間はいないですよ。

いないってわかってて、
言ってるんじゃないですかね?

僕はね、
あるところではもっと論理的になりたい。
そう思いますけど、

こういう太郎さん的な要素と、
両方、ほしいんです。

でも太郎さんにはなりたくないですね(笑)

それと僕はね、
『太郎と遊ぶ』っていうことだと、
太郎と裸で抱き合うみたいな遊びが良いですね。

向こうは嫌うかも知れないですけどね、

どういう攻め方をされるのか?

僕はたえず受け身の発想なんで、
太郎さんを攻めようとは思わないんです。


受け身で。
どういう攻め方をしてくるんだろうと思いますね。

純粋にね、
ベッドに入って、
太郎さんに攻められて遊ぶ。

っていうのは、
おもしろいですよね?

僕はね、
男性にそんな違和感ないんですよね。

そのときに、
きっとわかるんじゃないかな?

この人ダメだなとかね。

太郎さんはきっと嫌がらないと思います。

なんでも爆発して、
向かってくるんじゃないかな?

僕はね、
ちょっと誘うように拒絶したりして、

拒絶したほうが、
太郎ちゃん興奮するのがわかってるから(笑)

もしかしたら、
あるところで、
人間としてとらえてないのかもしれないですね。

僕は太郎さんに、
神様的な思いを、
どこかに持ってますからね。

凄く良いことを言ってますよね。
そうでもないですか?(笑)

最後に。

岡本太郎さんが生きていて、
僕のメッセージが届くなら。

きれいとかうまいじゃない。
『なんじゃこりゃ!』こそが
芸術だと言うあなたの言葉が
演技する時にいつも心の片隅にあります。

きたろう」

きたろう宣材_R

きたろう

1948年8月25日生まれ、千葉県出身。
1971年俳優座小劇場解散後、風間杜夫等と表現劇場結成。
1979年現メンバー大竹まこと、斉木しげると、
ラジカルで知的なコントユニット“シティボーイズ”を結成。
現在TV・映画・CM舞台等幅広く活躍中。

<次回公演>
シティボーイズ ファイナル part.1
「燃えるゴミ」
出演:大竹まこと・きたろう・斉木しげる
作・演出:前田司郎
2005年6月19日(金)~29日(月)(全12公演)
会場:東京グローブ座
チケット:4月11日(土)一般発売
お問合せ:ASH&D(03-5456-8130)
http://ash-d.info/

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作