未分類

片桐仁対談④「面白いと思うものとアートの架け橋」

DSC_0007

大好評!ラーメンズの片桐仁さんと平野暁臣の対談の第四回目です!
まずはラーメンズの哲学についてお聞きします!

〈前回までは〉
①「俳優・彫刻家」って書いて「なんだろうこれ?」っていつも思います。
②「絵は向いてないよね~」「画面を支配できないよね~」って(笑)
③たぶんそれもね、アート的なものに対する拒否反応が根っこにあって。

150219-142753_R

ぼく、「片桐さんってほんとうにいるんですね」って、
言われたことありますよ(笑)。


平野: 片桐さん。今度なにか一緒にやりましょうよ。

片桐: なにか生まれるといいですね、面白いことが。

平野: ぜひ!

片桐: 最近はいろいろな企画に積極的に参加するようにしてるんです。
「ラーメンどんぶり展」とか(笑)。
そういうことをきっかけにして、開けるものがあればと思って。

平野: なるほど。

片桐: ぼくもだいぶ柔軟になってきたんじゃないかな。

平野: (笑)

片桐: 美大のとき、チャリティに出して、
ぼくの作品だけまったく売れずに返ってきたっていう苦い経験があって(笑)。
それも顔でした。あんな気持ち悪い顔、誰も買わないよって今なら思いますけど。
その思い出があって、
「オレには何かしらの才能があるはずだ」と思ってはじめたにもかかわらず、
「まずい!」って思った瞬間があったんです。

平野: ラーメンズって、
ライブの、生(なま)のコミュニケーションを大事にされてますでしょう?

片桐: そうですね。

平野: それは、背後になにか、哲学のようなものがあるんですか?

片桐: どうなんでしょうね。やっぱり美大で出会った二人なので、
作品を発表するっていうのは、
舞台が一番わかりやすい形態だなっていうのはありますね。
それこそテレビでネタをやって知名度が上がって、
それで全国ツアーができるようになったっていう、
土台としてはテレビは大きいですけど。

平野: なるほど。

150219-130302_R

-以前、片桐さんが岡本太郎のイメージについて
「なんかすごい人のように感じるけども、
でもやっぱり普通のおじさんだったんだなとか思えたりするというよさもある」
というようなことをおっしゃっていたと聞きました。

片桐: (笑)それ大事なんですよ。
普通っていう言葉には語弊があるかもしれませんけど、
けっきょく同じなんですよね。
たとえば急にテレビのバラエティに出たりすると、
明石家さんまさんと話さなければならなかったりする。
そのときに「ああ、普通の人間なんだな」って思うか、
思わないかってすごく大きいことで。

平野: ああ、わかる。ほんとにそうですよね。

片桐: けっきょく世界中のすべての人は同じなんですよ。
でも膨れあがったイメージがあると、
ぼくでさえ、ラーメンズでのキャラクターがあったりするから、
「すごく特殊な人だ」って思われる。
普通の感覚って大事だと思うんですよね。

平野: 太郎に対してもそういう風に見て欲しいな。

片桐: そう「見よう」としないとね。

平野: ここ(記念館)に来た若い太郎ファンが、
スケッチブックにメッセージを書いてくれるんですよ。
「元気になりました」とか「エネルギーをもらいました」
みたい感じが多いんだけど、
なかには「救われました」とか
「壁にぶつかったらまた来ます」みたいなものもある。
すごく嬉しいんですよ。嬉しいんだけど、ちょっぴり不安もあって。
だってこれ、もう少し行くと、太郎が「導いてくれる師」になっちゃうでしょ?

片桐: カリスマ性が一人歩きするんですね。

平野: そうそう。

片桐: ぼく、「片桐さんってほんとうにいるんですね」って、
言われたことありますよ(笑)。

平野: (爆笑)

片桐: いやいや、いますよ。
現役のぼくでさえそう言われるってことは、
太郎さんは亡くなっているのもあって、
より神格化されちゃいますよね。

平野: そうなんです。

150219-142539_R

片桐: もう神社できますよ(笑)。

平野: いやほんとに(笑)。
だからぼく、若い人たちには、
「太郎を拝むな」「太郎にすがるな」って言ってるんです。
でもやっぱり、そっちに行きたくなっちゃうみたい。

片桐: それはもうしょうがないですよ(笑)。

平野: でも、太郎だって普通の男ですからね。

片桐: それはそうですよね。悩んで悩んで、ね。

平野: そう。太郎のことを、
アイアンマン、スーパーマンのイメージで見てる人も多いと思うけど、
そういうことじゃないですからね。

片桐: いるわけないですから。プレッシャーと戦っていたでしょうし。

平野: きっと太郎だって、プレッシャーで下痢して、
一日中便器に坐ってたことだってあったはず。

片桐: 聞いたこと、あるんですか?

平野: いや、ないですけど(笑)。
でも、そりゃあったでしょう、人間なんだから。

片桐: 「もうイヤだ!」ってなる瞬間とかね。

平野: 敏子がよく言ってました。
みんな「先生、さすがですね、すごいですね。
私などにはとてもとても。いやー、先生は天才ですね」なんて言う。
そういうのを聞くと無性に腹が立つ、ケトバシてやりたくなるって。

片桐: あー。

平野: 「冗談じゃない。
岡本太郎だって、生まれたときから岡本太郎だったわけじゃない。
決意して、覚悟して、岡本太郎になったんだ。
そんなことも知らないで、自分はやりもしないで。
甘ったれるな!って言いたい」ってね。
太郎だって、ほんとうは普通の、弱い男の子なんだって。

片桐: いや、ほんとうにそう思いますし、
そう考えると、だいぶ優しい気持ちになれますよね。

平野: でしょ?(笑)

150219-131321_R

片桐: 「やっぱりオレには才能がない」って、
簡単に言う人が多いけど、言わないでよ、
やってよ!って思いますもんね。

平野: うん、ほんとにそうだ。



片桐さんもこうおしゃってくれています!
いま、もしもあなたが、
何かつくりたいと思っているなら、
ぜひ「やってよ!」私もそう思います。

次回はいま片桐さんの好きなアートついてお聞きします!
お楽しみに!!

片桐仁対談⑤

150219-142451_R

片桐仁(かたぎりじん)
多摩美術大学在学中に小林賢太郎と共にラーメンズを結成。
以後舞台を中心に俳優・タレントとして、
テレビ、ラジオなど様々な分野で活動している。
また粘土を使った造形作品の創作では、
2013年に渋谷パルコにて個展を開催、
18日間で1万3000人を動員。
その独特の感性と存在感が人気を博している。

平野暁臣(ひらのあきおみ)
1959年生まれ。岡本太郎が創設した現代芸術研究所を主宰し、
イベントやディスプレイなど“空間メディア”の領域で
多彩なプロデュース活動を行う。
2005年から岡本太郎記念館館長を兼務。
最近では、『「明日の神話」再生プロジェクト』に続いて、
岡本太郎生誕百年事業「TARO100祭」を率いた。
当サイトのエグゼクティブプロデューサーでもある。

片桐さんも出展されている、
「梅田ロフトの開店25周年/太陽の塔・誕生45周年
Re:TOWER OF SUN EXBIT みんなで太陽の塔展」は、
大好評開催中です!

詳しくはこちらをご覧下さい。
大阪・梅田ロフト「みんなで太陽の塔展」

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作