Repos

【速報】サエボーグ「HISSS」インタビュー!

150527-125335_R

-サエボーグさんにとってアートとは?

サエボーグ:アーティストって、
かっこよく「アート」ってフレームだけを作るのに必死になって、
なんか嘘つきだなって感じです。

150527-104137_R
-それまで岡本太郎ってどういう存在でした?

サエボーグ:本はすごく好きで。 やっぱり心に刺さりますよね。
「全力で言ってるな!」って。

-とくに好きな本を教えていただけますか?

サエボーグ:どれも良いですよね。
でも「日本の伝統」とか「今日の芸術」は定番ですけれど、
どれも文章が圧倒的に凄いなっていうのと。
あと彫刻が良くて。
絵は・・・若い頃はぶっちゃけ、良くないなって思ってて。
あ、これ言って良いんですか?(笑)

-「太郎と真剣にぶつかる」サイトですから。挑んでください。

サエボーグ:でも今になって、
太郎のプリミティブなものがすごく良く見えてきて、
「ウニュニュしてるもの、あれ、命だったんだな」とか(笑)。

-うねりとか?

サエボーグ:「爆発そのものなんだ」って思ったら、
彼がやりたいことがやっとわかったような気がしています。

150527-110136_R
-作品はメッセージありきで作るんですか?

サエボーグ: そうですね。
あるにはあるんですけど、私は言語化が下手な方だから。
感情的なもの、怒りとかそういうものがグチャグチャになって、
それを言葉にするのがすごく難しいんですよね。

150527-111515_R
-岡本太郎のテーマに共感する部分というのはありますか?

サエボーグ:そうですね。あると思います。
やっぱり「超越」っていうところですよね。
自分が「女性」である「性別」とか、
そういうものによってすべて決まっていくじゃないですか?
やっぱり社会っていうものによって、自分の位置が決まっていったりとか。
それでどんどん不自由になっていってる。
それが嫌でそんなラベルのようなものを剥がしていけば、
自由になれるのかなって思っていて。

-自由であるべきだと。

サエボーグ:それで着ぐるみを着ています。
これを着ておけば、いわゆる女性らしい女性とは見られないし、
人間っていうものでもないし、
それでいておもしろおかしくもあったりとか。

-たしかにサエボーグさんの作品っておもしろさを感じます。

サエボーグ:深刻なものをテーマに扱っているんですけど、
深刻を「深刻です」っていうと中二病っぽくなっちゃうので、
だからどこか笑いで吹き飛ばすほうが良いと思うんですよね。

(3ページ目に続きます)

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: August 1, 2018

映画『太陽の塔』トレーラー

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!