未分類

第2回 山下裕二④

36eb2b57-6778-4995-c943-2e2c24cc1bb2

美術史家で明治学院大学教授の山下裕二さんに、
岡本太郎への熱い思いを語っていただいています。

〈前回までは〉
山下裕二①「太郎さんが亡くなって、ただならぬ胸騒ぎがしたんです」
山下裕二②「もう敏子に首根っこ捕まえられたというか

山下裕二③「印象的だったのは、飲めば飲むほど、敏子は太郎さんになっていくんです」

まずは敏子が亡くなった日のことから…

なんだか敏子が死んだ気がしませんでしたね。


敏子が2005年に亡くなったときのことも、
よく覚えています。

《明日の神話》がメキシコで見つかって、
それを何としても日本に持ってきたいと、

clip_image001

平野暁臣館長が、
返還の正式な契約をするために、
メキシコに飛んだんです。

それですべてが完了して、
平野館長が日本に帰ってくる、

その日に敏子は亡くなったんです。

だから、
平野館長は成田で、
敏子が亡くなったことを知るわけです。

ぼくは、
その一週間後に、
広島で敏子とトークショーをする予定だったんです。

そこで岡本太郎の展示があったから、
敏子は一週間前に先乗りにして見るために、
前もって広島に行く予定で。

ところが、
スタッフが広島空港まで迎えに行ったら、
敏子が飛行機に乗ってないと。

どうしたんだろうと、
記念館に電話しても、
たまたま記念館が休みの日で、

実際は亡くなってから、
二日後にわかったんですね。

たしか、
僕が大学の研究室に行ったら、
記念館から電話があったらしく、

ドアを開けた途端に、
事務の子が、

「先生、大変です!
岡本敏子さんが亡くなったそうです」

えええ!って。

それで平野館長と、
その日の夜中に連絡を取り合って、

平野館長は、

「いま俺、ひとりで棺桶の横にいるんだよ」

って。

ぼくが、

「葬式もなにもやらないんだって?」

って聞いたら、

翌日に出棺して、
荼毘に付すと。

「山下さんだったら来てよ」

と言われて、
桐ヶ谷の斎場に行きましたね。

そうしたら斎場の人が、

「あの、お経とかあげなくていいんですか?」
「あ、いいですいいです」

って(笑)、

完全無宗教でしたから。

ま、
そんなこともありましたけど、

なんだか敏子が死んだ気がしませんでしたね。
っていうか、

今も死んだ気がしていません。

それ以後は、
平野暁臣館長が、
敏子の意志を引き継いで。

彼は名プロデューサーだし、
すごく行動力がありますから、

《明日の神話》を持ってきて、
それで四国で場所を借りて、
ものすごい時間と労力をかけて修復して。

その後に日テレでお披露目をして、
現在の渋谷に。

あれをどこに展示するかっていうのも、
名乗り出た場所がいくつかあったんです。

広島と《太陽の塔》の吹田市と、
どこにするか選ぶのにぼくも関わって。

でも結果として、
最高の場所に置けたと思いますね。

他の場所は、
展示施設を作って、
ガラスケースの中にって言ってて。

それじゃダメなんです。
剥き出しじゃなければ意味がない。

そして、
できるだけ多くの人の眼に触れること。

痛んだら、
治せば良いんですから(笑)。

どうせボロボロだったんだから。

だから、
渋谷は最高の場所ですし、
平野さんの尽力はすごかったと思います。

clip_image003

彼はすごく動きが速いんです。

それはすばらしいんだけど、
めちゃくちゃ短気でもあるんです。

グズグズしてると、
すぐにブチ切れるますからね(笑)。

ただ、
ぼくはちょうど彼と同い年で、

彼もぼくにとても敬意を持って接してくれてますし、
ぼくも彼のプロデューサーとしての腕力を尊敬していますから、

ずっとこれからも、
いろんなことを一緒にやっていくと思います。

この「PLAY TARO」の仕事だって、
平野さんに言われたら、NOと言えるわけがない(笑)。


次回は、
「山下さんに岡本太郎が憑依!?」

いったいどういうことなのでしょうか?
お楽しみに!

山下裕二⑤

clip_image008

山下裕二
1958年広島県生まれ。
東京大学文学部美術史学科卒業、同大学院修了。
日本美術史研究者、明治学院大学教授、
日本美術応援団団長、山種美術館顧問。
室町時代の水墨画の研究を起点に、
縄文から現代美術まで、
日本美術史全般にわたる幅広い研究を手がける。
WEBサイト「山下裕二研究室」
https://art.flagshop.jp/

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作