Works

『日本再発見 芸術風土記』 『神秘日本』 2作品同時刊行!

book

本日、7月25日(土)に、
『日本再発見 芸術風土記』『神秘日本』の2冊が、
角川ソフィア文庫から同時刊行されました。

岡本太郎による幻の紀行文、その完全版が、
著者撮影の貴重な写真図版とともに文庫化!


『日本再発見芸術風土記』

— 全国を歩き、日本人としての自身を見つめる旅

「人間の生活があるところ、どこでも第一級の芸術があり得る。」
秋田、岩手、京都、大阪、出雲、四国、長崎を歩き、
その風土に失われた原始日本の面影を見いだしていく太郎の旅。
著者撮影の写真を完全収録。

解説・赤坂憲雄


amazonで詳細を見る

『神秘日本』

— 聖なる地に「神秘」を探るため、さらなる奥地へ

人々が高度経済成長に沸くころ、
太郎の眼差しは日本の奥地へと向けられていた。
恐山、津軽、出羽三山、広島、熊 野、高野山を経て、
京都の密教寺院へ。
現代日本人を 根底で動かす「神秘」の実像を探る旅。

解説・中沢新一


amazonで詳細を見る

沖縄文化論とともに岡本太郎の「日本紀行3部作」と称されてきた名作が、
このたび角川ソフィア文庫として初文庫化されました。

従来、全集や著作集では割愛されていた写真を、
オリジナル版のレイアウトに忠実に再現。

太郎自身がカメラ を手に各地を歩き、体感した、
ありし日の日本の姿が鮮やかに甦ります。

「人間が動物を喰い、動物が人間を喰った時代。あの暗い、太古の血の交歓。
喰う事も喰われる事も、生きる祭儀だった。
残酷で燃えるような、宇宙的情感が迫ってくる。
そういうものをふるい起こさないで、ヒューマニズムもちゃんちゃらおかしい。
(『日本再発見 芸術風土記』)」

1957-46歳 芸術風土記の取材 秋田
(1957年・46歳 『日本再発見 芸術風土記』の取材・秋田)

「日本の神様はむしろ生活の秩序、純粋に風俗習慣と考えた方が解りやすい。
(中略)
神さまの前ではカシワ手を打つ、お祭りにはお煮しめを用意し、晴衣をきる。
それは生活のリズムなのだ。
別に教義とか、シチメンドクサイ意識、反省というものではない。
(『神秘日本』)」

1957-46歳 芸術風土記取材 徳島
(1957年・46歳 『日本再発見 芸術風土記』の取材・徳島)

この本を読むと岡本太郎が芸術家というだけでなく、
20代にフランスで学び、身をやつした民族学者というのがわかります。

伝統文化、民俗の探求者。
鮮烈な言葉、力強い写真。

あなたも岡本太郎がつかみ取った世界に魅了されてみませんか?
日本を、世界を、そして私たち自身を見つめ直すためのヒントに満ちた作品です。

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作