Works

「太陽の塔に対峙せよ!」公開審査レポート

f69359af-d471-48a8-c8f9-5a4941e8b215

(15:28)
最後のプレゼンは5人組!
きょうは4人(山田さん、小川さん・川口さん・山田さん)がプレゼンをされます。

「体漂の塔」

Exif_JPEG_PICTURE
太陽の塔に対峙するにはすべてを突き放す空間であるべき。
そこで太陽の塔にまさに対峙する塔をつくり、
そこから手足を出せるという作品です。
その塔の中には縄しかない。まさにのぼり棒もといのぼり縄。

(かなり危険な塔です(笑))

DSC_0017
五十嵐さんの質問。
「テーマに“対峙せよと”あって、ここまで実際に向いあっているのはなかった。
80メートル離したのはなぜ?」

近づきすぎると太陽の塔が隠れてしまうので、
いちばんいい距離が80メートルでした。

藤本さんの質問。
「途中にすごく大きな穴が空いているのはなぜ?」

模型に空いているのは(模型の中を)覗いてほしくて。
あと登ってる途中で太陽の塔が見てほしいなと。

平野さんの質問。
「単純に手足を出して太陽の塔を見るのはたのしいかな?」

同じ立場で向かい合うたのしさがあると思います。

椹木さんの質問。
「模型を見ると全裸なんだけど、全裸で登るの?」

全裸でもかまいません。

「想定であって、空気とかを生々しく感じるわけではないのね」

でもおすすめはすべてを肌で感じられる全裸です。



これで7作品のプレゼンが終わりました。
わたしの拙いリポートでは作品の素晴らしさやおもしろさが伝えられないと思います。
ぜひその目で展示をご覧になってください。

さぁ、いよいよ審査結果の発表です!
速報ページを作りますので、そちらを御覧ください!!!

「太陽の塔に対峙せよ!」審査発表!!!

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: August 1, 2018

映画『太陽の塔』トレーラー

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!