Repos

The 19th Taro Okamoto Award for Contemporary Art ceremony !

第19回岡本太郎現代芸術賞授賞式!

cbc6cdbe-a6a4-4614-c623-a9be2d7929a6



椹木さんの太郎賞の講評です。

P1000160
今回は特別賞が一人でしたが、
上位の三名の方の評価が水をあけた評価になりました。
ので、特別賞が例年のようにもう一人とはなりませんでした。

三宅さんの作品は、
大きさがある。
作品に立ったときの大きさを感じました。
大きさや強さが日常すらをも超越するスケールだった。

続いて和多利さんから敏子賞の講評です。

P1000169
今年は応募数が500弱で、例年より少なかった。
審査をしたら質は上がっていました。
悩む作品が非常に多かった。
選ばれた23名は胸を張ってください。

折原さんの作品ですけれど、
彼女の場合は太郎賞じゃないと展示されないものだと思います。
おせんべいでできている作品ですので。
でもなにも奇抜な素材だから選ばれた訳ではなく、
作家としての姿勢に、
「わたしはこう生きていくんだ!」
という姿勢にみんなぐっときて選びました。

最後に山下さんから特別賞の講評です。

P1000172
審査した当日のことを思い出しながら話します。
会場に一歩、足を踏み入れたときに、
おせんべいが目に入ってきました。
それから会場の左のほうにまわって見ていって、
太郎賞の三宅さんには強度を感じました。
等身大の表現であるがゆえの強度です。
そして終盤になって、特別賞の笹岡さんの作品に出会いました。
映像とシンクロさせていて、水面のブクブクと。
非常に周到に作られたインスタレーションでした。

全体としては数は減りましたけど、
レベルは下がっていないと思います。

受賞は逃しましたけど、
印象に残っているのは、
原田武さんの作品は非常に精緻な作品で、
現代においてこういう表現をしていることは嬉しく思いました。

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作