Repos

[breaking news] Tomoko Hisamatsu new exhibition interview !

【速報】久松知子 新作展示インタビュー!

hisa1

-それと《it’s a modernism world》ですが、
個人的にはこの作品を度肝を抜かれたので、
実際に記念館でその目で観てほしいですね。

Exif_JPEG_PICTURE
《it’s a modernism world》


久松:恐縮です。《芸術家の研究所》を先に描いて、
その後に《it’s a modernism world》に取りかかったんですけど、
ギリギリまで描いてました。

-愛・地球博の「モリゾーとキッコロ」まで描かれていて。
全万博を網羅してましたね。

久松:私の世代的にちゃんと理解している万博も描いておきたいと思って(笑)。
これについてなら実感が持てるんで。

-かなり社会性がある作品ですが、久松さんの作品としては珍しいですか?

久松:そうですね。
ただ作ったばかりで自分でも租借しきれていないので、
インタビュー的に上手な答えを言えるかもわからないんですけど(笑)。

-《太陽の塔》乱立してますが(笑)乱立させた意味みたいなものは?

久松:感覚的にこれはやってて(笑)。増殖していくイメージにしたいと思って。

-さらにこれは戦後のバラックみたいな。

久松:ええ。モチーフがだんだん太郎さんと関係なくなっていく(笑)。

-この作品は時流もそうですけど、
土地性なんかもゴチャゴチャに混ざっている感じですよね。
それとこれはコンクリートですよね。

久松:はい。平野館長と打ち合わせしていたときに
「近代的なものへのアンチテーゼみたいな作品をつくりたい」
ってことを言ってたら「だったら素材も近代の建築素材でやってみたら?」
とアイデアをいただいて。
面白いと思ったんですけど、そういう材質に対して
あまりにもド素人だったもので、けっこう失敗したりして。
まずできる範囲、今の自分の手に負えるもので作ることにしました。

-それでこういう形に落ち着いたわけですね。

久松:ここからまたこの方法とか思考を展開していきたいと思っています。

-《芸術家の研究所》もそうですけど、
やはり情報量の多さっていうのは魅力ですよね。長く観ていられますし。

久松:うれしいです。

-たしかに隣の太郎の絵とこうして比べると
真逆な感じがするので「対決」していますね。

久松:よかった。太郎さんには一切直線がないと思って、
いっぱい直線を使いました(笑)。
姑息な対比をいっぱい使いました。(笑)「縄文」だから「近代」だとか。

-いや、でも2つの作品はかなり印象が違うので面白いですね。

久松:まるで違う作家が描いたようですよね。
でも自分の中での理論展開みたいなものは一致していて、
そんなに遠くないんです。
同じような絵をいっぱい再生産しても意味がないので。
みんな悩むと思うんですけど、私はそう思っていて。

-本当にたくさんの人に観てもらいたい素晴らしい作品だと思いました。
今日はいろいろお聞きできました。ありがとうござました。

久松:こちらこそありがとうございました。



《it’s a modernism world》はぜひその目でご覧ください!

第18回岡本太郎現代芸術賞 「岡本敏子賞」受賞
久松知子 新作展示
2016年4月8日(金)〜4月28日(木)


http://www.taro-okamoto.or.jp/exhibition/special-tomoko.html

img_tomo
久松知子(ひさまつともこ)
1991年三重県生まれ。
山形県在住。東北芸術工科大学修士課程在籍。
2015年に《レペゼン 日本の美術》で
第18回岡本太郎現代芸術賞岡本敏子賞受賞。
グループ展に
「東北画は可能か?—地方之国構想博物館—」(東京都美術館、2015年)ほか。
歴史や社会の反映としての美術の在り方に興味を持ち、
絵画を制作している。
現在の制作場所は山形県上山市の共同アトリエ「工房 森の月かげ」。

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作