Repos

「岡本太郎と縄文を語る」石井匠特別講座レポ!

P1000675

國學院大學博物館学芸員で岡本太郎記念館客員研究員の
石井匠さんの特別講座「岡本太郎と縄文を語る」を、
ほぼリアルタイムでテキスト中継のスタートです!



まずは平野館長からの挨拶です。

岡本太郎がなくなった今年で20年。
その頃、太郎は話題になることはなかったそうです。

そういういちばんひどい状態を、
「絶対になんとかしてみせる!」
「復活させてみせる!」
と、走り出した敏子。

その後、どんどんメディアに出てくることになった。
平野館長が石井さんと会ったのはそこの頃だそうです。

石井さんが最初にここに来たのは、
記念館ができる少し前でした。
國學院大學に入学する前でした。

P1000565
とても敏子に可愛がられて、
いろいろなお手伝いとして参加されていたそうです。

平野館長から見て、
「敏子がいちばん可愛がっていた」という石井さん。

石井さんは國學院大學で考古学を学ばれます。

さらに2003年に、
《明日の神話》がメキシコで発見されて、

2005年の春に日本に運ぶ為に、
メキシコに乗り込んだ平野館長。

そのときに石井さんをメキシコにつれていった。
現場での石井さんは想像を超える働きをします。

壁画はボロボロ落ちるほどに劣化していた。
それを石井さんは地図を作って、
破片を記録していったそうです。

破片の数は8000にも及んだとのこと。

そして愛媛の松山での修復で非常に役に立った。
それは石井さんの(考古学の)修復の技術だったそうです。

その後、石井さんは國學院大學の学芸員になられ、
《太陽の塔》の本も出され、
太郎の研究者でもあり、縄文の研究者でもある。

太郎と縄文を同時に研究しているのは石井さんだけだそうです。

P1000564
平野館長はこれまでも縄文の展示をしたかった。

でもなかなかできなかったけれど、
石井さんのおかげで展示ができたということでした。

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作