Digs

Poetry and drawing ② - dawn

「詩とデッサン② – 夜明け」

1950-39_I__a_i_N_A_g___G____M___waifu2x_photo_noise3_scale

大発掘した岡本太郎第1画文集『アヴァンギャルド』!


新規ドキュメント 8_1


今回は「詩とデッサン」から、
「夜明け」をお届けします!


新規ドキュメント 14_2


夜の夢は濃く甘い


幻がきえ


太陽が白々と姿をあらはす


死臭-


朝は夜よりもいつそう暗い


人も禽獣もおびえ


不吉な豫感は嘔吐色


天地を塗りこめる-この朝


總身は歡喜に満ち-



岡本太郎の提唱した理念に“対極主義”というものがあります。
この“対極主義”がはじめて活字として発表された書籍こそ、
『岡本太郎画文集アヴァン ギャルド』なのです。


第33回二科展に出品されたこの《夜明け》は、
まさに「対極主義」 の文章が執筆される直前に描かれていたようです。


男と女、
人と獣、
夜と朝、
再現描写の方向と抽象化の方向、
鋭い明暗、
激しい補色関係など、
そこにはさまざまな“対極”が認められます。


04.04okamoto

いかがでしたか?
次回は「聖火と短刀」をお届けします。
お楽しみに!!!

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作