Digs

TARO meets SONG #3

TARO meets SONG #3

123_waifu2x_photo_noise3_scale

ひさしぶりのTARO meets SONGです。
今回はまずはこちらの曲から!



男気に溢れたエモーショナルなロックバンド、
eastern youthの『黒い太陽』です。


《黒い太陽》と言えば、これですよね?


115880981515816025


eastern youthのボーカルの吉野さんは、
以前、ライブでこのような発言をされたそうです。


「昔、岡本太郎の本を読んで、目からうろこがブワァって落ちて。
ハンマーでガーン!って殴られたみたいな。
そうかー!って。
そんでブワァ!って刺青入れちゃった(笑)。」


吉野さんは右肩に《黒い太陽》の入墨を入れているんだそうです!
ヤバすぎますよね!最高です、笑。


続いての曲はガラリと雰囲気を変えて、
女性シンガーソングライター・新居昭乃さんの『太陽の塔』です。


「1970年、よど号がハイジャックされ、ビートルズが解散し、
サイモンとガーファンクルが明日に架ける橋を発表したその年。
イージーライダーが大ヒットするサイケデリック、フリーダムの空気の中、
太陽の塔が突然この世に現れました。
私は当時から何か場違いなところに立たされてしまった
子供のような佇まいだなぁと感じていました。
万博の中にあってはシンボルらしくピカピカで、
今となってはとても良い味を醸し出しているあのコですが、
今でもその可愛らしいほっとけない感は変わらない気がします。
周りはこんなに変わったのに、
自分が存在する、その感じを変えないでいるあのコが大好きです。」


とのことです!
今回はピアノカバーの曲をお届けします!



ラストにお届けするのは、
世界的に評価が高いロックバンド・少年ナイフの『Tower of the Sun』です!



歌詞は英語なのですが、
このように歌っているそうです。


「暮れる夕陽に 照らし出されて立っている
彼は静かに 今日も


はるか遠くを ひとり見つめて黙っている
緑の丘の上で」


美しくポップなのに哀しく切ない曲でとても素敵です。


いかがでしたか?
岡本太郎にインスパイアされた音楽はまだまだありそうですね!
みなさんも太郎的な曲を発見したら教えてください。
お待ちしています!!

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作