大発掘した岡本太郎第1画文集『アヴァンギャルド』!


新規ドキュメント 8_1


今回は「詩とデッサン」から、
「聖火と短刀」をお届けします!


新規ドキュメント 16_1


犯罪は行はれる


人民を覆ふくらい夜に


殺人


窃盗


サギ


强姦


無告の人民!


犯罪とは?


處女の


左手に


短刀はきらめく-


右手に聖火は戰く-


見よ!


運命の女神



この「聖火と短刀」は、
公に発表された最初の詩といわれています。
(昭和23年2月2日の読売新聞)


これはシュルレアリスム運動の法王であり、
岡本太郎と交流もあった、
アンドレ・ブルトンの『シュルリアリスム宣言』への
返歌のような影響関係を感じさせつつ、
花田清輝らと始めた
「夜の会」の設立宣言をした詩なのだそうです。


新規ドキュメント 17_1


いかがでしたか?
次回は「苦腦」をお届けします。
お楽しみに!!!