19:00よりYottaトークショー リアルタイム中継を開始します!!!

『吉報の夜明け』
The Dawn of Glad Tidings
#WW3.0

2016_06_15_Taro__0040
まずは平野さんの挨拶です。

「彼らは去年、太郎賞を受賞しました。
彼らの審査ほど特別な状況はなかった。
まず審査は20数組、選出した入選者から審査員が順番に見ます。
その点数を集計します。
単純に上位だから決定するわけではなく、
揉めに揉めることもあります。
審査員が自分の存在をかけて審査をする。
太郎賞は作家の実績や経歴は関係ない。
まったく無名でも太郎賞を取ることもあります」


「どれだけ新しいことに挑戦してるかが大切。
太郎賞は我々審査員も試されているんです」

P1630409
「でも彼らのときは5分で決まりました。
まったく議論はなかったのです。
そのくらい力がある。
《金時》はなんていうジャンルかわからないけど素晴らしかった」

「そして今回、《金時》で新しい展示をつくってくれた。
もちろん同じようなことはできないし、
記念館での展示は太郎とぶつかってないといけない。
ここは太郎の空間で岡本太郎の道場で土俵にあがるわけです。
きょうはとっても楽しみです。」

そしてYottaの木崎公隆・山脇弘道さんにバトンタッチ!