名前: 上保瑞季
年齢: 6歳


デザイン意図:


よく記念館に行きたいと言い、
記念館に行けば『こどもの樹』が観たいと言い、
こどもの樹を観れば『誇り』が観たいと言い、
誇りを観れば『母の塔』が観たいと言い、
川崎の美術館に行けば、デカい方の『太陽の塔』が観たいと言い、
吹田に行けば『若い太陽の塔』が観たいと言い、
若い太陽の塔を観ればまた…
そんな∞ループを繰り返したある日、
生田緑地から帰った勢いで
頭の中のTAROを全部出すかのように描いていたものです。