Works

Director decision !

長編ドキュメンタリー映画『太陽の塔(仮)』監督決定!

9b07a25c-s_waifu2x_photo_noise3_scale_tta_1

長編ドキュメンタリー映画『太陽の塔(仮)』製作委員会(株式会社パルコ・公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団・株式会社スプーン)は、「太陽の塔」のドキュメンタリー映画の製作を決定し、その監督の公募を実施致しましたが、この度監督が決定しましたので、ここにお知らせ致します。

今回の監督公募ですが、我々の予想を超える98名の応募があり、その中から第一次選考で6名の方に絞らせていただき、第二次選考として、それぞれが思い描く作品のプレゼンテーションおよび面談を行った結果、

関根光才(せきね こうさい)氏に決定致しました。

皆さまには、多大なるご協力を頂きまして、誠にありがとうございます。

関根氏はCM、MVなどを中心に国内外で活動する傍ら、短編ドキュメンタリー映画などをインディペンデントで制作するなど、意欲的に活動している映像作家です。長編ドキュメンタリー映画『太陽の塔(仮)』は、1970年の歴史的な巨大イベント・大阪万博で岡本太郎の残した「太陽の塔」の持つ意味を、約半世紀の時を経て改めて世に問いかけたいと考え、製作して参ります。
なお、2016年10月中旬より撮影を開始し、公開は2018年を予定しております。

製作委員会による選考理由

太陽の塔をめぐる解釈の説明や物語の構築にとどまらず、日本人と芸術の関係、さらには日本と日本人を考える契機にしたいとする関根監督のヴィジョンは、太陽の塔の今日的意味を探ろうとする本作品に大きな強度を与えるものである。また、関根監督の美しくアーティスティックな映像表現がこのドキュメンタリー映画に芸術性をもたらし、上質な質感の獲得が期待できると考えたため。

監督プロフィール

関根 光才 (せきね こうさい)

映像作家。

1976年東京生まれ、上智大学文学部哲学科卒。広告映像制作会社勤務時代に、初監督作品である短編映画「RIGHT PLACE」を発表。
同作品が海外の映画賞を多数受賞したことでデビューを果たす。その後、Young Directors Award グランプリを受賞したことで日本人の広告映像ディレクターとしては国際的な知名度を獲得、文化横断的なストーリーテリングで活動の幅を海外に拡げる。2008 年に独立すると、広告映像以外にも実験的な映像表現を取り入れた演出でミュージックビデオや映画、インスタレーションアートなど活動の幅を広げ、Cannes Lions でのグランプリやD&AD でのブラックペンシル、ONE SHOWやNew York Festival 金賞などの受賞など、特に国際的なクリエイティブアワードで多数の受賞を果たし、国際的に認知される日本人監督となる。

現在、国内・国外で映像作家としての活動を行う傍ら、3.11 福島原発事故以降に発足した、表現で社会や政治に向き合うアートプロジェクト「NOddIN(ノディン)」などでもインディペンデントな創作活動を続けている。
http://www.kosai.info


今後ともご支援・ご協力賜りますようお願い申し上げます。

また詳細は公式サイト
http://taiyo-no-to-movie.jp/
をご覧下さい!

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作