Repos

Noritaka Tatehana talks

舘鼻則孝が語るー呪力の美学ー

p1650407

最後に平野さんとのトークです。

「おもしろかった。
とくに粘土をこねる話を聞いていて、
まるで太郎を追体験しているんじゃないかと思いました。

太郎は絵描きだったのに、
その後、いろんな表現ジャンルに手を出すんですけど、
太郎がはじめて立体をつくったのは、「よし立体だ!」って決意をしたわけではなくて。

p1650399
じつは陶板の壁画をつくることになって、
でも陶板壁画は自分じゃつくれないわけです。
焼いてもらうしかない。
そこで常滑の製陶所に詰めて、
焼き上がりを待っていたんですけど、
かなりの時間もかかるし何もすることがないんで、
向こうの職人さんが、

『粘土で遊んでいてください。』

って言われて粘土を手でこねたんです。
そして『おもしろい』と発見したんですね。」

p1650398
舘鼻「手を動かすって楽しいですよね。
そこに1つの世界があって、
言葉をしゃべると同じように、
コミュニケーションなんですよね。
きっと太郎さんもそう考えていたんだと思いますね。」

平野「そうかもしれないですね。
そういう意味では舘鼻さんと太郎は似ている。
それと太郎は保険をかけなかった。
太郎は『オレはこうする。オレはこう思う。』って言うだけでした。
たとえば『法隆寺は焼けてけっこう。』
こんなことを今の文化人が言ったら、消されます(笑)。
でも今の大人は保身ばかりですよね?
今回の舘鼻さんの提案書を見たとき、過去の作品を持ってこなかった。
つまり保険をかけなかったんです。
ぜんぶ新作で、しかもこれまでのものと違う。
腹をくくったんです。
ぼくは舘鼻くんのそういうところが好きなんです。」

p1650381
平野「ぼくは舘鼻くんをここに連れてきたのは、
次の時代を担う若い人にこの才能を見てほしかったから。
そしてそれに応えてくれた。」

p1650326
舘鼻「やっぱりここでしかできないこと。
この会場との対決でもあって。
それが作品にもあらわれていると思います。」

 

以上でアーティストトーク「舘鼻則孝が語るー呪力の美学ー」は終了です。
今回もリアルタイム中にお付き合いいただき、ありがとうございました!

あ、お客様の中にはこんな方もいらっしゃいましたよ。

p1650403
p1650404
危険人物!!?

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作