Repos

I go to meet Taro of Shibuya ②

渋谷の太郎に逢いにいく②

img_0587

東京は渋谷区にある、
岡本太郎のパブリックアートをご紹介する、


「渋谷の太郎に逢いにいく」


前回は「明日の神話」を鑑賞しました。


渋谷の太郎に逢いにいく①


※パブリックアートとは?
美術館やギャラリー以外の、
広場や道路や公園など公共的な空間(パブリックスペース)に、
設置される芸術作品のこと。


ご紹介してくれるのは、
小劇場をメインに活躍している女優の、
吉見茉莉奈さんです!


 

img_0593


 

なんと吉見さんは、
東京に出てきてまだ一年とちょっとだそうで、
今回のパブリックアートのある場所も、
閉館してからしか知らないとのこと!


「劇場がふたつもあったんですよね・・・」


その場所とは、


2012年(平成24年)9月、
施設の老朽化などのため閉館してしまった、
「こどもの城」の跡地にある、


「こどもの樹」です!


 

img_0622


 

「これって閉館以前から囲われていたんですよね?
・・・え!?
閉館してから囲われたんですか!!?


そう言って複雑そうな表情を浮かべた吉見さん。


「なんだか、かなしいですね・・・」


 


img_0602



「こどもたちとおなじように、

この樹に触れたかったです・・・」



img_0590


 

ややあわれな姿にはなってしまっていますが、
はたして吉見さんの印象は?


「『明日の神話』と違って、
とてもコミカルですね。
こどもたちを優しく見守っているような・・・」


「天然の樹じゃないのに、
まるで植物そのもののような生命力を感じます。」

たしかに。
囲われていたとしても、
生命力があふれでています。


そして枝の先には、
こどもたちの笑顔。


この笑顔が、
さらなるパワーを与えてくれているようです


「あ、わたしはこの顔が好きです!」


 

img_0646


 

「この子は、女の子ですよね?
まつげもありますし。
かわいいですね!」


ちなみに文章担当の私は、
この顔がお気に入りです。


 

img_0649


理由は、
こどもの頃の好きだった、

「イ○ズマン」になんとなく似ているから・・・


「アナタは芸術を見る目がない!」
って怒られそうですね(笑)。


 

img_0598



「あの、また太郎さんの・・・」


ぜひ読んでください。


「ありがとうございます!」

そして、

吉見茉莉奈さんは、
『今日の芸術』の、
ページをめくりました。


 




「見るものを圧倒し去り、
世界観を根底からくつがえしてしまう・・・
太郎さんの言う、
ほんとうの芸術がすこしわかった気がします。」

 

今日の芸術は、うまくあってはいけない――

 

その言葉が意味するほんとうのところを考えながら、
歩いていきたいと思います。


皆さんもぜひ《こどもの樹》をその目でご覧になってください。

東京都渋谷区神宮前5−53−1
元「こどもの城」前

次回は NHKスタジオパーク(NHK放送センター内)にある
「天に舞う」をお送りします。

 

img_0615


Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作