Repos

Akiomi Hirano × Noritaka Tatehana talks

「平野暁臣(岡本太郎記念館館長)×舘鼻則孝」リアルタイム中継!

P1660064

平野「太郎賞でも最初は紙でつくるんです。
企画書ですね。いわば。
だから企画書は良いけど・・・っていう作品があるんです。」

平野「若い子は、コンセプトが今までにないものであれば価値があるんだ!
って思っている人がいるんじゃないかと。」

P1660010
平野「すごくバーチャルなものとして芸術を考えているんじゃないかと思うんです。」

平野「でも舘鼻くんの作品は質感とか重さとかを感じる。
革なら革のにおいというか、これって生きてたんだろうなって思うんです。」

舘鼻「手で作るほうが日本人的だと思うんです。
作品っていうのはコミュニケーションツールなので、
ものとしてあればいいって話じゃないんです。
日本人であれば、それがわかるんですよね。」

舘鼻「子供の頃の経験がそういうふうに流れたんですよね。」

平野「東京芸大で染織を学んだのも大きい?」

舘鼻「そうですね。友禅染をしていたんですけど、
のりも餅米を炊くところからはじめるんです。」

平野「まさに手でつくっていたわけですね。」

平野「高校の頃にファッションの世界に行こうと思って、
でもパリとかに行かないで、芸大に行く。
それって回り道っぽいけど、
あえて選んだ。
しかも計算で。」

平野「そこがまずすごいと思うわけです。」


舘鼻「自分としては賭けでしたね。
ゴールが見えないわけで。
そう考えると1つの選択肢として海外留学もあったんです。
でも海外が素晴らしいというわけじゃなくて、
ファッションデザイナーになりたかったんで。
でも欧米で勉強したほうがいいかなとは思いました。」

舘鼻「それを想像してみたら、
クラスのまわりを見回したらみんな外国人ですよね?
ぼくらの国のファッションを学んでるって思うわけですよね。
つまり彼らは自国の文化を学んでいるわけです。
そう思ったら、勝てないと思って。
自分の国のファッションを学ばないといけないと思ったんです。
それが和装だったんです。」

舘鼻「ある種、バーチャルに想像して、
ぼくは日本の文化を学ぼうと思って東京芸大に入ったんです。」

平野「その選択が正しかったとしても超リスキーだよね?」

舘鼻「怖かったですね。
でも自国の文化を学んで世界にでることがいちばんだと思ったし、
それがぼくのできることだと思ったわけです。」

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作