Repos

Akiomi Hirano × Noritaka Tatehana talks

「平野暁臣(岡本太郎記念館館長)×舘鼻則孝」リアルタイム中継!

舘鼻「いま31歳で毎年、大きなプロジェクトに携わりましたけど、
それもほとんど自分で売り込んでいるものですよ。」

舘鼻「絶対にここまではたどり着くって、
想像していましたね。」

平野「ビジョンなのかな?」

P1660021
舘鼻「完成予想図っていうか、
それのためにやれることはぜんぶやろうと思ってましたね。」

平野「そのゆるぎないビジョンをセットして、
ロジカルに戦術を組み立てていったんだよね?」

平野「学校では染織を学び、それ以外では洋服を学んだ。
それで靴という形式にたどり着いた。」

舘鼻「そうですね。それまでは下駄をつくっていたんですけど、
卒業制作だけ、ヒールレスシューズをつくったんです。」

平野「それはどうしてそうなったの?」

舘鼻「大学院にいかないで、自分のブランドをつくりたかったんで、
自分の世界を表現するものであるべきだと思ったんです。」

平野「名刺代わりにってことでしょ?」

舘鼻「だから大学ではぜんぜん評価されなかったですね。」

平野「舘鼻くんは右脳と左脳が同時に動いてるんだろうね。
ロジカルな計算と、手作りと・・・」

平野「さっきも言ったけど、最近の若い子は、
バーチャルというか紙では斬新なんだけど、
ものになったら、え?っていうことが多い。
きっと脳の片方だけが動いているんだろうね。」

P1660025
平野「将棋とかっていくつも先を読むから、
ロジックかと思うけど、羽生さんとかすごい人は、
直感なんだって。
そこからそれが正しいか計算するらしい。」

舘鼻「羽生マジックですね。」

平野「ロジカルに考えたらそこに打つはずなのに、
直感で違うところで打つから、相手は翻弄されるらしいね。
きっと舘鼻くんもそういうところがあるんじゃないかな。」