Works

TARO prize 20 years / 20 devilish children

企画展 「TARO賞20年/20人の鬼子たち」

遺伝子マーク

岡本太郎記念館企画展
「TARO賞20年/20人の鬼子たち」


岡本太郎記念館(東京・南青山)では、
2017年3月12日(日)から6月18日(日)まで、
TARO賞20年を記念した企画展『TARO賞20年/20人の鬼子たち』を開催します。


本展に参加するのはTARO賞に入選した20人のアーティスト。
その後もめざましい活躍を見せる “20人の鬼子たち” が繰り広げる
濃密なアート空間をどうぞご堪能下さい。


TARO賞20年を記念した
“20人の鬼子たち” が一堂に会する展覧会


参加作家:
宇治野宗輝 F in the woods A
梅津庸一  死霊がわたしを見ているⅡ
大岩オスカール 太郎さんの犬とシャドウ・キャットの出会い
オル太 (仮)都市の場所
風間サチコ サバ景圖
加藤翼 The Raft of _________
加藤智大 Clinging shadow
金沢健一 共振域ーTaro’s Vibration
キュンチョメ (仮)普通の願い
斉と公平太 オオウチ錯視の作者を探す旅
サエボーグ 「Pigpen」movie
関口光太郎 手の子
天明屋尚 婆娑羅山水
東北画は可能か? ゆくもの
ながさわたかひろ プロ野球画報2016
西尾康之 Space Wall
村井祐希 プリズムのためノ服
山口晃 滑落圖
吉田晋之介 plant
若木くるみ 岡本太郎 様
(50音順)


『TARO賞20年/20人の鬼子たち』

岡本太郎を失ってひとりになったとき、

ぼくたちの心配をよそに、岡本敏子は気丈でした。
太郎を次の時代に伝えるのが私の仕事。
そう言って、すぐさま行動を開始します。


真っ先に取り組んだのが記念館の開設とTARO賞の創設でした。
このふたつを実行するため に財団法人を設立し、
あの小さい体で残された9年を駆け抜けたのです。 


こうして生まれたTARO賞も、おかげさまで20年を迎えました。
敏子が手づくりではじめ た小さな試みが、
いまでは現代芸術のアワードとして広く認知されるまでになりました。


第20回までの入選者はじつに410名(組)に上ります。
なにより嬉しいのは、
入選作家た ちがその後めざましい活躍を見せてくれていること。

それがこの賞の意義と価値を支えている のだと思います。


TARO賞20年を記念して、
“20人の鬼子たち” が一堂に会する展覧会をつくりました。

いず れも一筋縄ではいかない作家たちですから、
立ち現れるのはカオスでしょう。


唯一無二の濃密なアート空間をどうぞご堪能ください。


岡本太郎現代芸術賞20周年記念展実行委員会
椹木野衣 北條秀衛 山下裕二 和多利浩一
/ 平野暁臣


http://www.taro-okamoto.or.jp/


会期:
2017年3月12日(日)~6月18日(日)


展 示:
20人のアーティストによる、

インスタレーション・立体・映像作品  14点
絵画・版画・ドローイング 6点
これらを一挙に展示します。


場所:
岡本太郎記念館


開館時間:
10:00~18:00(入館は17:30まで)


休館日:
毎週火曜日 祝日の場合は開館、保守点検日


入館料:
一般620(520)円、小学生310(210)円

※( )内は15人以上の団体料金


ギャラリートーク:
3月17日(金)、4月14日(金)、5月18日(木)、6月15日(木)

※予約不要。日程は変更する可能性があります。


お問い合わせ:
公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団・岡本太郎記念館
TEL:03-3406-0801


協 力:
川崎市岡本太郎美術館  佐藤卓/佐藤卓デザイン事務所


コンセプト/イメージ(参考画像)
※は旧作


20人の鬼子PLAY TAROへ

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作

Read More
:: January 18, 2016

運転する太郎