Works

Tohoku of Taro Okamoto

企画展 「岡本太郎の東北」

《なまはげ》秋田1957 撮影:岡本太郎

岡本太郎記念館企画展
「岡本太郎の東北」


《なまはげ》秋田1957 撮影:岡本太郎
《なまはげ》秋田1957 撮影:岡本太郎


縄文との出会いから5年が過ぎた1957年。
日本文化の本質をさがす旅に出た岡本太郎は、
最初に訪れた東北でいきなり“原始日本”と遭遇します。
貧しく閉ざされた冬の東北。
そこには見えない力と対話する“呪術の心”が息づいていました。
東北で原日本の片影に触れた太郎は、
沖縄でその心が脈々と受け継がれている姿を目撃し、
1962年の東北再訪を経て、
日本人の血の中にいまも縄文の心が宿っていることを確信します。
この体験こそが岡本芸術の方向を決定づけ、
ついには太陽の塔の誕生へとつながっていきます。
岡本太郎の眼がとらえた60年前の東北。
ぶ厚く豊かな日本。
ぼくたちはそれを見たことがないけれど、
けっして他人事ではありません。
これこそ、われわれの日本であり、
われわれ日本人そのものだからです。
岡本太郎の眼が切り取った「ほんとうの日本」をどうぞご覧ください。
岡本太郎記念館館長 平野暁臣


《秋田駅》秋田1957
《秋田駅》秋田1957


 

《恐山》青森1962
《恐山》青森1962


会期:
2017年7月1日(土)~10月9日(月)

展示:
写真約60点
(特別展示期間中は展示点数に変更があります)
映像展示

TARO賞受賞作家・特別展示予定
三宅感(7月1日~17日)※2016年太郎賞
井原宏路(9月26日~10月9日)※2017年敏子賞


場所:
岡本太郎記念館


開館時間:
10:00~18:00(入館は17:30まで)


休館日:
毎週火曜日


※臨時休館:
2017年9月4日(月)~ 8日(金)


入館料:
一般620(520)円、小学生310(210)円

※( )内は15人以上の団体料金


ギャラリートーク:
7月14日(金)、8月24日(木)、9月14日(木)、10月6日(金)※各日14:00~ 20分程度
予約不要。
日程は変更する可能性があります


協 力
川崎市岡本太郎美術館


《鹿踊り》岩手1957
《鹿踊り》岩手1957


 

《松例祭》山形1962
《松例祭》山形1962


特別展示:
会期中には、
第19回岡本太郎現代芸術賞で太郎賞を受賞した三宅感、
第20回
敏子賞を受賞した井原宏蕗による
新作の特別展示とアーティストトークをそれぞれ予定しています。

※特別展示につきましては詳細が決まり次第、
別途ご案内いたします。
(写真提供:川崎市岡本太郎美術館)


2016年 岡本太郎賞受賞作品三宅 感《青空があるでしょう》
2016年 岡本太郎賞受賞作品三宅 感
《青空があるでしょう》


 

2017年 岡本敏子賞受賞作品井原 宏蕗 《cycling》
2017年 岡本敏子賞受賞作品井原 宏蕗
《cycling》


(写真提供:川崎市岡本太郎美術館)

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作