Repos

Kan Miyake Artist talking real-time broadcast!

三宅 感アーティストトーク リアルタイム中継!

P1710608[1]

「岡本太郎は皆さんが知られているような、
『爆発だ!』だけじゃなくて。
すごい人なんですね。」

「何がすごいかというと、
全方向的に、多面性が半端ないわけです。」

「子どもがアトラクション的に、
太郎と親しみやすくもできるし、
アートの文脈の人からしても、
ものすごい確固たる心理のある方で。」

P1710562
「太郎は博識な方で、
パリで実存哲学の思想家の影響を受けて、
当時の芸術運動と密接に関わってきた方で。」

「そういう面からもコンテクスト的に、
掘り下げても、
自己啓発的にも太郎さんは存在していて。」

「どう切り取っても普遍的な人なんです。」

 

P1710586
「そんな太郎にぼくが勝てるわけないって、
いじけていたんですけど、
いじけていても仕方ないって、
文献をあさっていたんです。」

「太郎のそのバックボーンに、
岡本かの子さんの存在がありまして・・・」

「太郎さんはすごい悲惨な子ども時代を過ごしてきてまして。
ぼくからしたら笑えない。
悲惨な家で、等身大の太郎でいいんだよなんて言われたことがないほど、
芸術至上主義な家で。」

「自分はどんな絵を描いたらいいか、
悩んでいた時期もあったようで。」

「パリに留学して孤独を味わうわけです。
そこで自分の根本から出てくるものを考えた。」

「ぼくはアダルト・チルドレンだと思うんです。太郎さんは。
子どもをほったらかしたり、褒めるか、けなすかしかしない育て方をすると、
アダルト・チルドレンになってしまうんですけど、
そうなると、素の自分というのを否定しながら生きてしまう。
本を読んでいても、
そこかしこに自己評価の低さがあるんです。
ああいう家庭に育てばそうなるなとは思うんですが。」

「太郎さんの作品は、主体性を取り戻す戦いだったと思うんです。」

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作