Repos

Kan Miyake Artist talking real-time broadcast!

三宅 感アーティストトーク リアルタイム中継!

P1710608[1]

「太郎さんは自殺願望もずっとあったようなので。」

P1710597
「パリに行ったときに、
実存主義が流行していて、
『神はいなくなった』
自分がここにいる。
っていう、すごく切実な哲学なんです。」

「かたや岡本かの子は真逆で。
それがおもしろいと思うんです。
仏教を信仰していたので、
歌人だったので『女人ぼさつ』っていう歌を詠んでまして。」

「花と自分はリンクしているっていう歌で・・・」

「ぼくは仏教は科学だと思っているんですけど、
あなたとか私とか勝った負けたとか、
あの人は金持ちで私は貧乏で・・・
とかそういうのはないと。
粒子レベルで見れば、すべて同じだと。」

「極端な話で言うと、みんな粒々で。
境はないんですね。」

「それをかの子さんは歌っているんです。
これを棟方志功さんが版画にしたくらいの歌なんです。」

「仏教っていうのは人情とかそういう世俗的な、
お涙頂戴的なことじゃなくて。
・・・こういう話してても平気ですか(笑)。」

「過去も未来もないんです。
今しかなくて。
その今ですら特定できない、実体すらないというのが仏教で。
アドラーの教えっていうのも流行りましたけど、
あれも仏教に似ていると思っていて。
『あなたそこにいるんだから、
そこから始めればいいでしょ!』
っていうことで。」

「実存っていうものと、
仏教っていうのが近づいてくるわけで。」

「マインドフルネスっていうのも、
そうですね。ビジネス用語でありますけど。」

「そう考えると、
主体性を確立する、
個を取り戻そうとする太郎と、
なに言ってるのよ、
あなたも私の粒々のひとつなのよ!
っていう、かの子の戦いなんです。」

「つまりかの子の圧勝なんですけどね。」

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!

Read More
:: August 3, 2016

《五大陸》制作