Repos

あいみょんと語る⑦

IMG_1961

岡本太郎を敬愛するシンガーソングライターのあいみょんと空間メディアプロデューサーで岡本太郎記念館館長の平野暁臣による展覧会「太陽の塔」特別対談です!

*この展覧会はすでに終了しております

〈前回までは〉
①「太郎さんのことは絶対に知っていたほうがいい」
②「太郎さん、なんか、かわいい(笑)。」
③「でもフツー、こんな大きなものが、行方不明になります?(笑)」
④「これも海洋堂さんなんですね! すごいぞ、海洋堂(笑)!」
⑤「太郎さんって…もしかして…シャーマン?」
⑥「大阪万博のテーマも『人類の進歩と調和』でしたもんね。」

 

今回は〈生命の樹〉について語ります!



「太郎さん、アメーバが好きだったんですか?」

あいみょん:アメーバはすごく大きいんでしょう?

平野:うん。そのくせ人間はすごく小さいんだよ。50〜60センチくらいかなぁ。

あいみょん:(笑) 太郎さん、アメーバが好きだったんですか?

平野:好きっていうより…、なりたいって言ってた。「オレは単細胞になりたいんだ」って。

あいみょん:え〜!(爆笑)

IMG_1478
平野:「アメーバが羨ましいと思わないか? ひとつになったりふたつに分かれたり自由自在」「人間はやりたいことも我慢して縮こまって生きているのにアメーバは自由だ」ってね。

あいみょん:ところが人間は小さい。

平野:小さいだけじゃなくて、服を着ているぼくたち現代人がいないんだよ。クロマニヨン人で終わってるわけ。なぜだと思う?

4
5
あいみょん:生命の樹を見ているわたしたちがここにいるから?

平野:うん、それがひとつの解釈。もうひとつは、そもそもオレたち現代人は生命の樹の上に連なる資格がない、っていう解釈。

あいみょん:??

平野:さっき太郎が「人類は進歩なんかしていない」と言ったっていう話をしたけど、そのときこう言ったんだよ。「いまの人間にラスコーの壁画が描けるのか」って。

あいみょん:あの壁画を描いたのはクロマニヨン人・・・

平野:つまり進化といえるのはクロマニヨン人までで、ぼくたちにはその資格はないと考えていたのかもしれない。

あいみょん:たしかに・・・

IMG_1844
平野:未来を祝福する万博にあって、太郎は「〝夢の未来〟に浮かれるな」「未来を考えるなら、まずはしっかりと自分の足元、根源を見据えよ」と言っている。そして、たぶんだけど、「オマエの血のなかに潜んでいる縄文の精神を思い出せ」と。

あいみょん:展覧会と太陽の塔内部を見たら、わたしのなかの〝縄文の血〟が騒ぎ出すかも!(笑)



そしていよいよあいみょんは展覧会と太陽の塔内部へ!
近日、レポートを大公開します!!

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: August 1, 2018

映画『太陽の塔』トレーラー

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!