Repos

塙耕記・平野暁臣トークショー リアルタイム中継!

3asshukuP1830254

平野:塙さんにとってのジャズの魅力ってどういうものですか?」

:「日本人のジャズとかフリージャズって、魂そのものをぶつけてくるエネルギーを感じるたのしさが共感できたんですね」

平野:「どういうジャズが、すごいって思いましたか?」

:「エリックドルフィーですね。こういう刺激を与えてくれるミュージシャンを探すようになりましたね。言葉に説明しづらいですけど、聴いていて、胸が痛くなるんです」

平野:「命削っている的な?」

:「日本人のジャズマン、とくにフリージャズに感じるようになって、日本の和ジャズを追いかけるようになりました」

平野:「ぼくはフリージャズに強烈なトラウマがあるんです。ぼくは若い頃、グラムロックやプログレッシブロックなんかを聴いていて。ロックにはまるわけです。そして新しい音楽としてジャズを知って、ジャズ喫茶にいくようになるんです。みなさんは若いから知らないと思うけど、ジャズ喫茶ってとても厳しい世界だったわけです。ジャズのレコードをプレーヤーのそばに立てかけるです。知らない曲だとジャズ愛好者はちらっと見る。知らないっていえないからちらっと見るんです。でも知らない曲だとリスペクトの空気が流れるんです。反対に知っている曲だとドン引きされるんです。ジャズ喫茶で自分のプライドとステータスを確立するには、他の人が知らないものをリクエストして、立てかけさせて、ちらっと見られることがすべてなわけです。ニッチで知らないもの、売れてない曲、たいしてたのしくない曲を探すわけです。英雄になりたいから探しはじめるわけです。そこで出会ったのがフリージャズなわけです」

圧縮P1830193
:「なるほど」

平野:「それでフリージャズを買ってたんですけど、つらいんですよ。フリージャズって。修行なんです。たのしくないんです。それで苦しくて、ジャズを聴くのをやめたんです。それを救ってくれたのはマーヴィンゲイなんです。ぜんぜんジャズじゃないんですけど、音楽ってたのしいって。だからジャズ喫茶の英雄になるために聴いていたのでフリージャズはトラウマがあるんです。塙さんはなんで好きなんですか?」

:「やっぱり身を削っているからですね」

平野:「そうか。日本のジャズって塙さんのようにいろいろジャズを聴いてきた人からはどういうふうに映りましたか?」

asshukuP1830191
:「25才くらいのときに聴いたレコードだったんですけど、ハードバップで、感激したんです。こんな音が日本人でできるのかと!それをはじめて聴いたときに、知らないだけで、かっこいいのがいっぱいあるんじゃないかと。それで店に入ってくる日本人のレコードを聴くようになっていって・・・それから追っかけました」

平野:「いままでこういうジャンルはなかったから、おいしいと思ったわけじゃなくて、本当に好きだったんですね」

:「そうです。それを聴いていて、いろんな人に知ってもらいたいなと思ったんです。これをCDにしたら聴けるようになるなと思って、うごいたら、それがすごい反響だったんです」

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: August 1, 2018

映画『太陽の塔』トレーラー

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!