Repos

さいあくななちゃん アーティストトーク!

2019_05_20_Nana_0704

20日に開催されたさいあくななちゃん(2018年岡本太郎賞)のアーティストトーク。
ななちゃんがどのようにしてアーティストになったのかなど、興味深いお話を聞かせていただきました。

インタビューはこちら。

2019_05_20_Nana_0086
ななちゃん:こんばんは。はじめましての方も、そうでもない方も・・・さいあくななちゃんです。
よろしくお願いします

ななちゃん:とても緊張しているんですが、お手柔らかにお願いします(笑)。

2019_05_20_Nana_0141
ななちゃん:まずわたしのことをまったく知らない方もいると思うので自分のことをお話したいと思います。
わたしは山梨出身の27歳です。いまは東京に暮らしていて、東京を中心に活動しています。

ななちゃん:芸術とは無関係のところでスクスクと――でもないんですけど(笑)、育ちました。
いまは自分の意見を言えるような人間になってきたんですけれど、こどものころはあまり自分の思っていることが言えなかったんです。

ななちゃん:まわりにあわせて生きていた人間で、保育園も小学校も中学校も高校も・・・自分の意見はほぼ言わないで、友達が言ったことに「うん、そうだね」って言っていました。

ななちゃん:高校生のときに付きあっていた人がいたんですけど・・・フラれたんです。
それがショックで・・・「自分にはなにもない。どうにかしたい」とはじめて思いました。

ななちゃん:絵を描くのが好きだったので、なんとなくそういうことに携われる仕事がしたいと思って高校卒業後にデザインの専門学校に行ったんですけど、週1日だけイラストの授業があったんです。
そこで教えてくれた先生がいままでのいろんなことをあわせたりしてきた自分の価値観をぶち壊してくれたんです。

ななちゃん:専門学校に通う前にも絵は描いていたんですけど、だれが見ても綺麗な、形が整っていて・・・他人の目を気にしていたんです。

ななちゃん:それで先生に絵を見せたとき、「うまくやらなくていいから、もっと自分の好きなように描いていいんだよ」って言われたのが嬉しくて。
それまで人にあわせていたので、型にはまらずに出していいんだって自分の価値観が一気に変わったんです。

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: August 1, 2018

映画『太陽の塔』トレーラー

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!