未分類

Cookie Talks ③ " 100% desire "

くっきー対談③「100%欲望」

1R2A7076

他に類を見ない、オリジナリティあふれるコントを生み出す、お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーさんとの対談です。
第三回目は「行き当たりばったり系」

〈前回までは〉
①「最初はお笑い芸人の一部としてやっていた感じなんですわ。」
②「やりたいことをやって生きてきただけで……すんません!」


「下描きはしますけど。でもそれもマジックとかで描きます。」

くっきー :夢の世界といえば、ネタもそんな感じなんです。急に鍾乳洞にバーっと飛んでいったりとか、そういうネタが多いんで。わけのわからないものが出てくるとか、非現実的なものがめちゃくちゃ多いですね。

平野:でもそれって計算してないのかな? ここらで鍾乳洞に飛ぶとおもしろそうだって。構成を緻密に考えたうえで、そろそろ一気にヘンなところに飛んだほうがいいなって、ロジカルに考えてない? もしかしたら、無意識のうちにやっていることかもしれないけど。

くっきー :おお〜! そうなんかな?

平野:もっとも、千歳空港にしようか、鍾乳洞にするか、アフリカのサバンナがいいか、って考えているわけじゃなさそうだけどね。

くっきー :どっちかといえば、ボワンとしたイメージですかね。まず世界観というか、設定を考えたくなっちゃうんです。

平野:設定?

くっきー :色っていうか……鍾乳洞のドロっとした感じ、あるじゃないですか。ちょっと黄色に茶が混ざった感じというか。

平野:はいはい。

くっきー :そういうところから……そんな雰囲気でネタをやりたいな、みたいなイメージからはじまるんです。

平野:てことは、真っ先に映像的なイメージが湧いてくるってことだ。

くっきー :ああ、そうです。完全にそうですね。映像みたいな感じです。

平野:じゃあやっぱり、ネタも作品も、いちばん根っこのところは一緒なのかもしれないね。

くっきー :とくにネタは、ほんまにそうですね。

平野:その映像的なイメージって、もちろんカチッと仕上がった状態じゃないでしょう?

くっきー :そうですね。

平野:エスキースはたくさん描きます?

くっきー :なんですか、エスキースって?

1R2A6890
平野:「習作」って呼ばれるものだけど、要するに練習です。何回も何回も紙に描いて、精度を上げていく。

くっきー :あ、それはしないです。

平野:いきなり本番の紙にグリグリ描きはじめる?

くっきー :下描きはしますけど。でもそれもマジックとかで描きます。

平野:なるほど。描いているうちにだんだんイメージが固まっていく感じ?

くっきー :そうですね。これも描いたときは横縞のリボンにしようなんて思ってなくて。

1R2A6919
平野:つくり方が構築的なのかな。階段をのぼっていくように、徐々に全体像ができあがっていく感じなんでしょう?

くっきー :構築的です(笑)。

平野:うん。そこは太郎と逆だね。

くっきー :あっ、そうなんや。

平野:岡本敏子がよく言ってたけど、「こういうものを描きたい」というイメージが立ちのぼったとき、太郎の頭のなかには、ほぼ完成形ができあがっていたらしい。

くっきー :ひぇー!

平野:でも、だからといって、いきなりキャンバスにグリグリ描きはじめるわけじゃない。要らない紙に、おなじディテールを何回も何回も繰り返し描くんです。

くっきー :なぜです?

平野:おそらく脳みそに浮かんでいるイメージを自分の手が再現できるまで、つまり“頭に手が追いつく”まで練習していたんでしょう。

くっきー :すごいなあ。

1R2A6893
平野:そういうエスキースが記念館にたくさんのこってます。それこそおなじ構図のデッサンが何十枚ってね。ちょっと見ただけではどこがちがうのかわからない。本人にはちがうんだろうけど。

くっきー :そこは完全に真逆ですわ。ぼくは行き当たりばったり系で……どうとでもなるだろうと思っているんで(笑)。



次回は「くっきーと太郎」

④「なんか……デカいですね。自分がすごくちっぽけに思えて。どうしよー!(笑)」

1R2A6724
くっきー

1976年3月12日生まれ。滋賀県出身。本名・川島邦裕。
幼稚園からの幼馴染だったロッシー(本名・城野克弥)と94年に「野性爆弾」を結成。NSC大阪校13期生。
若手時代から独特の世界観で注目され、MBSテレビ「オールザッツ漫才」などで注目を集める。
2008年に拠点を大阪から東京に移し、白塗りした顔で表現するモノマネ芸などが浸透し、2018年上半期ブレイク芸人NO.1となる。

カバー
『くっきずむ』(美術出版社) 発売中 10,800円(税込)


クリエイティブ・ディレクションに「風とロック」の箭内道彦、アートディレクションに小杉幸一を迎え、展覧会で出品された作品に新作を加え、これまでのアート活動を網羅的に掲載。
絵画や映像、パフォーマンスなどの作品のほか、日本をはじめアジアで開催された展覧会など、「表現者」として独自の世界観を構築する活動を紹介。国内外に向けてくっきーの表現世界──COOKISM──を発信していく内容となっています。

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: August 1, 2018

映画『太陽の塔』トレーラー

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!