Talks

Cookie Talks ④ " 100% desire "

くっきー対談④「100%欲望」

1R2A6866

他に類を見ない、オリジナリティあふれるコントを生み出す、お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーさんとの対談です。
第4回目は「くっきーと太郎」

〈前回までは〉
①「最初はお笑い芸人の一部としてやっていた感じなんですわ。」
②「やりたいことをやって生きてきただけで……すんません!」
③「下描きはしますけど。でもそれもマジックとかで描きます。」


「なんか……デカいですね。自分がすごくちっぽけに思えて。どうしよー!(笑)」

平野:作品をつくっているとき、だんだんイメージが固まり、徐々に完成度があがっていくわけですよね?   最後に「よし、完成だ!」って思うのはどういう瞬間なんですか?

くっきー :自分のなかに〝OK太郎〟がいて、OK!って言うんです(笑)。

平野:あ、そうなんだ(笑)。

くっきー :もちろん納得がいけば、の話なんですけどね。もっとも、ぼくは描き損じというか、没ってひとつもないんです。意地でも仕上げるから(笑)。

平野:太郎は、完成して発表した作品を平気でイジっちゃうんですよね。

くっきー :え、そうなんですか?

平野:油絵にはサインが入っているでしょ? それが完成作であるという証です。

くっきー :なるほど。

平野:完成すると、たとえば海外のビエンナーレなどに出品される。そこで絵葉書になったりもする。ところが太郎の場合、絵葉書は残っているのに作品が見当たらないっていうケースがずいぶんあって。

くっきー :へぇ。

平野:行方不明と思われてきたんだけど、最近になって別の作品のX 線写真を撮ったら、その下に隠れていた。

くっきー :おー!(笑)

平野:サインを入れて海外のビエンナーレに出品した作品なのに、その上にグリグリ描いちゃったんです。

くっきー :すごい人ですね。

1R2A6804
平野:ふつう、作家はそういうことはしません。だってサインを入れて発表したら、それは「商品」ですからね。

くっきー :そうですよね。

平野:でも太郎は絵を売らない主義だったし、そもそも「芸術は商品ではない」と考えていたから、平気でそういうことができたんでしょう。

くっきー :なるほど! それにしても、太郎先生はなぜ絵を売りはらなかったんです?

平野:理由はいくつかあるけど、いちばん大きかったのは「芸術は民衆のものだ」という芸術観です。

くっきー :民衆のもの?

平野:芸術は一部のマニアや金持ちのものじゃない。大衆のものであり、社会のものであり、暮らしのなかに息づくものだ、という考えです。売ってしまったら、金持ちのリビングや大企業の社長室に隠されて、二度と出てこないでしょ?

くっきー :あー、そうか。

1R2A6960
平野:たとえばコレ。《顔のグラス》というんですけど、「ロバートブラウン」っていうウイスキーのオマケなんですね。1本に1個ついてくる。

くっきー :いいなあ、コレ!

平野:話があったとき、まわりに大反対されたらしいんですよ。「バカなことはやめなさい。そんなことをしたら、『わたしはタダでばらまくオマケをつくる程度の作家です』って宣言するようなものじゃないか」ってね。

くっきー :あー。

平野:でも太郎は聞く耳をもたなかった。「タダ、いいじゃないか。タダだからだれでも手に入る。それで家に帰って一杯やって気分がよくなる。それのどこが悪いんだ!」と言って。

くっきー :カッコえー!

1R2A6976
平野:全国にパブリックアートをたくさんつくったのもそう。パブリックアートって、そこに行きさえすれば、いつでもだれでもタダで見られるでしょう? まるで自分の所有物みたいにね

くっきー :太郎先生って、そういう人やったんですね。芸術を広めようしてはったんだ。シビれますわー。

平野:「芸術とは生活そのもの」と考えていたと思います。「芸術なんて道端の石ころとおなじ。特別なものじゃない」「芸術を崇拝したり、ありがたがったりするようなヤツに芸術を語る資格はない」みたいなことも言ってましたしね。

くっきー :なんか……デカいですね。自分がすごくちっぽけに思えて。どうしよー!(笑)



次回は「くーちゃんのやりたいこと」

「いままでだれも知らなかったものをつくりたいっていうのはありますね。」

1R2A6948
くっきー

1976年3月12日生まれ。滋賀県出身。本名・川島邦裕。
幼稚園からの幼馴染だったロッシー(本名・城野克弥)と94年に「野性爆弾」を結成。NSC大阪校13期生。
若手時代から独特の世界観で注目され、MBSテレビ「オールザッツ漫才」などで注目を集める。
2008年に拠点を大阪から東京に移し、白塗りした顔で表現するモノマネ芸などが浸透し、2018年上半期ブレイク芸人NO.1となる。

カバー
『くっきずむ』(美術出版社) 発売中 10,800円(税込)


クリエイティブ・ディレクションに「風とロック」の箭内道彦、アートディレクションに小杉幸一を迎え、展覧会で出品された作品に新作を加え、これまでのアート活動を網羅的に掲載。
絵画や映像、パフォーマンスなどの作品のほか、日本をはじめアジアで開催された展覧会など、「表現者」として独自の世界観を構築する活動を紹介。国内外に向けてくっきーの表現世界──COOKISM──を発信していく内容となっています。

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: August 1, 2018

映画『太陽の塔』トレーラー

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!