Talks

佐藤タイジ対談③「オレの〝踊り方〟」

P1940025

ロックバンドTHEATRE BROOKのボーカル、ギタリストであり、すべてソーラー電気だけで開催する野外ロックフェス「中津川THE SOLAR BUDOKAN」の主宰、佐藤タイジさんとの対談です。
第3回目は「ギターを弾きたい」。

〈前回までは〉
①「だから『オレ、ポールが弾いているベースをやる!』って言ったんだけど――」
②「あれもこれも好きだから、あれにもこれにもなってみたいけど、こっちも好きだから、こっちにもなってみたい……みたいな。」

「オレは上手に弾きたいわけじゃなくて、『ギターを弾きたいんだ!』っていう感じなんですよ、うまく言えないけど。」

平野:タイジさんが大学生になったころに、バンドのみんなで徳島から東京に出てきた。でも東京に来たからといって、すぐにプロになれるわけじゃない。

佐藤:もちろんです。まだまだアマチュアでした。

平野:そこからどうやって?

佐藤:とにかくライブをつづけていたんです。そのうち、80年代の後半になると、いわゆるインディーズのレーベルがけっこう出てきたんですよね。

平野:へえ。

佐藤:徳島にいるころは知らなかったんだけど、ヘンテコなオヤジがやっているロック喫茶があって、ニューウェーブ系、パンク系のバンドを呼んでライブをやっていたんですね。

平野:徳島で?

佐藤:そうです。そのオヤジが「東京でインディーズのレーベルをやる!」と。オレたちが東京に来たのとほぼおなじタイミングで。

平野:東京進出だ。

佐藤:いわゆるパンクのレーベルをつくって、知る人ぞ知る有名なハードコアパンクの、リップクリーム、ガーゼ、SOB……その辺をまとめてやり出したんです。

平野:そこにTHEATRE BROOKも入れてもらえたわけだ。

佐藤:そうです。それでライブも、仕事もやりつづけつつ……

平野:少しずつ売れていった?

P1940242
佐藤:いまでも覚えているのは、もう無くなっちゃったんですけど、新宿にJAMっていうライブハウスがあって――

平野:ロック系のハコ?

佐藤:そうです。そこでTHEATRE BROOKのライブをやっているときに、お客さんの女の子が踊り出した日があったんですよ。「もう踊っちゃう!」みたいな感じで。

平野:うん。

佐藤:その日、終わったあとの楽屋でメンバーと、「今日、お客さん、踊ってくれたよな? やったぜー!!」って興奮して。そのときのことはいまでも忘れられないですね。やっぱりオレ、踊って欲しいんですよ。

平野:地元の小さなライブハウスで演っていたら、たまたま東京の敏腕プロデューサーが見ていてメジャーデビューへの階段を駆け上がった、みたいシンデレラ・ストーリーじゃないんだね。

佐藤:ぜんぜんそうじゃないです(笑)。ほんとに少しずつ、地道に、地道に。

平野:うん。

佐藤:あっ、思い出した!

平野:え、なに?(笑)

佐藤:さっきのパンクレーベルから音源を出したときに、有名なプロデューサーの方が目をつけてくれたんですね。でもオレ、そのころ超生意気だったんで――

平野:うん(笑)。

佐藤:まだ22、3歳のころです。「プロデュース? 冗談じゃない。オレは自分の力でやる。他人の力なんか借りねえよ」みたいな感じで。いやー、いま考えると超恥ずかしい!

平野:いい話だな。絵に描いたような「若気の至り」だ(笑)。

佐藤:まさしく!(笑)

P1940206
平野:ただね、もしかしたら、もしそうじゃなかったら、いまこうなってなかったかもしれませんよ。最初から「それはそれは、ありがとうございます! なにをさせていただけばよろしいでしょうか?」なんて手揉みするようなヤツじゃね。

佐藤:まあ、でも、さすがに気になって考えたことありますよ。

平野:なんであんなに生意気だったのかって?(笑)

佐藤:そう。

平野:で、答えは出ました?

佐藤:やっぱりオレ、必要以上にギターに自信があったんじゃないかと。

平野:ああ、なるほど。

佐藤:べつに指が早く動くわけでもないんだけど――

平野:タイジさんのギターって、強烈な個性があるでしょ? なんて言ったらいいかうまく説明できないけど、
技術だけでは獲得できない独特のテイストっていうか……。そう、「これが佐藤タイジだ!」っていう匂い、ある種の〝臭さ〟を感じるんですよ。

佐藤:それは嬉しいな。

平野:そういう〝体臭〟を感じるギタリストって、そんなにいるわけじゃない。テクニックのある人はごまんといるけど、「あっ、この匂い!」っていう強烈な存在感を打ち出せるギタリストは少数です。タイジさんのギターにはそれがある。



佐藤:オレ自身、そういうギターが好きなんですよね。たとえばジミ・ヘンドリックス。

平野:うん。

佐藤:でもいちばんわかりやすく衝撃を受けたのはニール・ヤングです。

平野:あ、そうなの? でも言われてみると、なんとなくわかる気もするな。

佐藤:あれがオレの理想です。あとはルー・リードもいいですね。

平野:ともにバカテクの真逆だ。

佐藤:〝味わい〟っていうか――オレは上手に弾きたいわけじゃなくて、「ギターを弾きたいんだ!」っていう感じなんですよ、うまく言えないけど。

平野:うん、わかる。

佐藤:ニール・ヤングをフジロックフェスティバルではじめて見て、もう強烈に衝撃を受けましたね。

平野:ほかのだれかと比べようがないもんね。

佐藤:そこなんです。彼がギターでやっていることが、まさしく臭うギターですよね。



次回は「混ぜる」。

④「混ぜ混ぜするものが好きなのか? 食べ物も冷奴とご飯を混ぜるのが大好きだし。」

2佐藤タイジアー写1
佐藤タイジ

徳島県出身。ギターボーカル日本代表。
太陽光発電システムによるロックフェス
「THE SOLAR BUDOKAN(since 2012)」の主宰者。
日本の音楽界と再生エネルギー界を牽引する稀有なモジャモジャ頭。
「ロックスター」「ファンキー最高責任者」は彼の代名詞。
’86、シアターブルック結成。
’91、RedHotChili Peppersのフロントアクト。
’95、EPICからデビュー。「ありったけの愛」がJ-WAVE.FM802など主要FM局でヘビーローテーション。
ちなみに太陽の愛を歌ったこの曲を歌い続けたことが
「THE SOLAR BUDOKAN」のアイデアの源泉。
この他、クラブ系ユニット「The SunPaulo」ではエレクトロ。
加山雄三率いる「The KingAllStars」では主要メンバー。
そして高円寺阿波おどりとのコラボ「佐藤タイジ&華純連」は日本の音楽史の転換点となる壮大なプロジェクト。楽曲「踊らなソンソン」はiTunes.Spotifyなどで絶賛配信中。
佐藤タイジは間違いなく日本代表ロックスターなのだ!
■佐藤タイジ HP
http://www.taijinho.com/
■シアターブルック HP
http://www.theatrebrook.com/
■THE SOLAR BUDOKAN HP
http://solarbudokan.com/

New Album

「My Hero」
佐藤タイジ

MyHero_H1_ok
LOVE CHANGES THE WORLD
シアターブルック

1

Articles

Special Feature

Channel Taro TV

Read More
:: August 1, 2018

映画『太陽の塔』トレーラー

Read More
:: March 21, 2017

《門扉》制作風景

Read More
:: November 30, 2016

《樹人》制作風景!