Collections

To 岡本太郎様 Mail30

あなたの岡本太郎への思いをメールにしてお送りいただく、
To 岡本太郎様・・・

今日は高校生からのお手紙です。




お世話になっております。高校生をしている、いぼだいです。

大学受験を間近に控える身ですが、その中でも岡本さんの力強いお言葉を胸に日々「無条件に自分を開き」、「生きて」ゆくことが出来ます。ありがとうございます。

岡本さんの御本のなかで、「出る杭は打たれる」ということわざについて触れられていて、私はそれに特に心を打たれました。

というのも、私が小学生の頃の経験と重なる部分があったからです。

…出る杭は打たれる、表現したいことは、自由に表現出来ない、そういう風潮は、たしかに日本の全体に今なお広まっています。しかし、岡本さんが仰るように、自分自身になる…あらゆる面での自分を貫いてこその人生ですよね。

自分を外界へ開き、思いっきり表現するだけの気力は、これからずっと保っていきたいものです。

ところで、最近は「安全志向」だとかで、自分の実力でじゅうぶんに受かる難易度の学校を沢山受験するのがトレンドらしく、興味のない大学を山ほど受ける人もいるようです。私はそれは自分に目を背け、自分のほんとうの興味関心に向かって挑戦しない、もったいない方法だと思います。岡本さんもきっとそう仰ることでしょう。

私は関東地方に住んでいますが、遠くの地方の学校を受験することを考えています。難易度は高いのですが、自分がやりたいこと、今現在私がもつ情熱の為です。

どんな条件であっても、自分を貫かなければ、その先の人生は本当の意味で充実しませんよね。

岡本さんの言葉は私の心に一種の共鳴をもたらしてくれます。まるで、私の心に昔からずっといて、生命の真っ赤なほのおを燃やしているようです。

私も自分を貫き、生きてゆきます。

とても長くなってしまいました。

では、失礼致します。





いぼだいさん、素敵なメールをありがとうございます。

やりたいことのため、遠くの地方の学校を受験するいぼだいさんを、
PLAY TAROは応援します!

自分を貫き、頑張ってくださいね。



あなたもこのように、
太郎に伝えたい思いをメールにしてみませんか?

短くても長くても、
どのような内容でもかまいません。

「お世話になっております。(お名前)です。」から、はじまるメールにして、

info@playtaro.com まで、
あなただけの太郎への思いをお送りください。