あべのハルカス美術館
ABOUT
ABOUT
太陽の塔がついに眼を醒ました。半世紀ぶりに“内臓”を取り戻し、ふたたび 生命 いのち が宿ったのだ。岡本太郎のメッセージがまっすぐ届くときが来た。あのとき太郎は何を問いかけようとしたのか? 太陽の塔とはいったい何なのか? 非日常の体験空間のなかでそれを考えたい。
ページトップへ